大切な犬が肝臓病になってしまったら早めの治療を受けましょう

犬

ペットとお別れするために

遺影

飼い主の心を整理する

ペットの存在感が増すにつれ、ペット供養に関する業者も増えてきています。ペット供養とは、ペットが死んだ後の火葬、葬儀、埋葬などの一連の儀式をさします。近年は人間同様の形式でペット供養を行う人も増えていますが、決まった形があるわけではないので、どのような形で供養を行うかは飼い主に任されています。重要なのは、飼い主の心の整理をすることです。そのために、飼い主が最もしてあげたいと思う方法で供養してあげればいいのです。一般的なペット供養の流れは、火葬、葬儀、埋葬という流れです。ペットが死んだ場合、まず火葬しなければなりません。そのまま埋めたり処分したりすると感染症を引き起こしたり近隣の迷惑になったりするおそれがあるためです。火葬は、自治体でも安価に受け付けていますし、より丁寧に弔ってやりたいのならば専門の業者に依頼するのも手です。遺体は腐敗が進行するので、死んだら早く予約をとりましょう。そして、火葬の前に清拭をしてやり、身体の形を整えてやります。そして腐敗しないよう保冷につとめましょう。火葬が個別か集団かによってお骨が返ってくるかどうかが変わります。お骨が返ってこなくても、毛の一部などを利用して埋葬することはできます。ペット霊園やペット墓地などもあるので、埋葬してやりたいと思うのならばしてあげましょう。また、読経などをして葬儀をあげたいのならばあげましょう。このあたりは飼い主の自由です。こうした手続きはせず、自宅でペットの思い出を懐かしむだけでも供養となります。ペット供養のための可愛らしい位牌や遺骨を使ったグッズなどもあるので、飼い主が望むように供養すればよいのです。