大切な犬が肝臓病になってしまったら早めの治療を受けましょう

動物

家族の一員を迎えるために

飼い主とペット

チワワブリーダーは、チワワを愛して育てているので無理のない計画を立てながら繁殖をしているものです。欲しいときに、チワワの子犬がいないことも多いので出産前に予約を入れておくと確実に購入することができます。

適切な対応を取る

動物病院

自宅でも出来る事

人間と同じように犬も、いろいろな病気にかかる可能性が十分にあります。その中でも、肝臓病にかかってしまったら、迅速な治療が必要となります。肝臓はとても重要な臓器でして、血液循環の調整やビタミン、たんぱく質などを生成する働きがあります。犬の肝臓病の初期症状は、ごく一般にみられる症状と変わらないので、たいていの場合は気が付きにくいです。例えば嘔吐や下痢、食欲不振、おしっこの回数の増加、体重の減少などです。犬が肝臓病にかかりますと、やがて肝不全になり黄疸や出血がひどくなったり、腹水になることがあります。そしてもっと状態が悪くなると、昏睡状態にまで陥ることもあります。ここでは、犬の肝臓病の治療方法について説明します。病院で治療を受ける場合は、まず血液検査を行って、肝臓病の症状にあった薬を使用します。例えば、炎症を防ぐためにはコルチコステロイドを使用しますし、アンモニア暴露量を抑えるためには、抗生物質を投与します。症状が重いと診断された場合は、入院して点滴を受け続けることもあります。自宅にて治療を行う方法もあります。これは、肝臓病に効果のある食事を与える事です。具体的な栄養素としまして、亜鉛、ビタミン、たんぱく質、アルギニンなどです。ドッグフードを中心として高エネルギーな食べ物を、1日に数回少しずつ与えてあげましょう。また食べ物と共に、天然水のような化学物質が含まれていない水も与えるようにしましょう。

ペットとお別れするために

遺影

ペット供養には様々な方法があります。飼い主の心の整理のために行うので、満足のいく葬儀を行ないましょう。きちんと供養するためにも火葬はしておくとよいです。しかし、火葬までは腐敗を防ぐことに注意が必要です。中には埋葬、葬儀を行ったり、遺品を使ってグッズを作ったりする人もいます。

素敵な最期を

御骨

ペット葬儀は大切なペットを最期まで愛してあげる大切なセレモニーです。辛い別れを素敵な思い出に昇華するためにも、納得のいくペット葬儀を行いましょう。大阪府内にはこうしたペットの葬儀を取り扱う業者も多く、ランキングで業者選びも出来ます。